« フランス~モンサンミッシェルの旅4 | トップページ | フランス~モンサンミッシェルの旅6 »

2010年1月30日 (土)

フランス~モンサンミッシェルの旅5

モンサンミッシェル2日目、朝。

ホテルのロビーレストランにて朝食。

C_cimg0671

コールドビュッフェだけどおいしかったcafe

クロワッサンやパウンドケーキ、ヨーグルト・フルーツ・シリアル等などまぁまぁの品数です。

C_cimg0677

(みんなが食べつくした後なので歯抜け状態の画像ですが。。。笑)

昨日は真っ暗で見れなかったホテルの概観も朝にはすっかりご対面

可愛いくないですかsign02結構好きなホテルでした。

C_cimg0673

少ない口コミでみた情報はあまりいいものではなかったけど、以外によかったな。

下はチェックインカウンターのあるエントランスです。

C_cimg0672

オーナーさんも顔は強面なんだけど以外に親切でしたしね~(プッ)

C_cimg0678

さぁいざモンサンミッシェル島内へ上陸です。

昨日とは打って変わって霧がすごい。ただ霧があるということはその上にお日様がいるってことなんだって。頑張れ、お日様fuji

駐車場を入ってすぐの城壁です。決して破られなかったという城壁、すごいですね~。

C_cimg0679

この城壁を抜け、最初に目に飛び込んでくるのがあの有名なプーラールおばさんのSHOPです。

C_cimg0683

(やっと人間入りの画像ですネ・・笑)ここの名物はご存知、あのバカでかいオムレツ。

巡礼者に振舞っていたオムレツですよね。でも~かなり高い!!高くてもうまけりゃいいってもんでしょうが、お味は・・・って感じだそうです。ここのお店ではないですが、いちおう検証ってことでオムレツ食べました。実況はまた後で。。。

開閉式の門をくぐると金毘羅さんのように両脇にずらっとところ狭しとお土産物屋さんがならんでます。なんか修学旅行を思い出すような光景ですね。

C_cimg0689

細い坂道を何回もバギーがお店に荷物を運んでます。これが通るとスレスレいっぱい。

しかもバックまでしてくるんだから運転上手じゃないとね~。

気持ちのよいのは午前中の散策。ほとんど誰もいない小道を登って修道院を目指します。

午後からは日帰りのツアー客でいっぱい、それがこの小道を歩くと思うと恐ろしいdanger

さらにオンシーズンの夏になると身動きできないってことになるらしい。

坂道を登るときるとここから修道院への階段が始まります。

中腹まできたところでもう上がれないと上から降りてくるお婆さんに出会いました。

う~ん、私がもうすこし若けりゃおぶって上がってあげるのに・・・

あともう少しだったのになぁ。。。

C_cimg0694

少し苦労して上がった場所は大天使ミカエルのお告げにより立てられた修道院。

始めはほんの小さな建物がどんどん立派な修道院へと変わっていったそうです。

そして多くの巡礼者たちは命をかけてこの地を目指したのだとか・・・

そんな思いをはせながら見ると壮大さを感じます。

C_cimg0695

西のテラスまで来ると霧がいっそう深いのがよくわかります。

ここは吹き抜けのテラスで下を覗いても真っ白でした。。本当なら潮の満ち引きがわかるんだどね・・

そんなテラスの床石には1つ1つ何やら数字が入ってます。

C_cimg0702

これは「8」ですね。さらに全ての石に番号が刻まれているんですよ。

C_cimg0703

こっちは「3」です。これは石を運んできた人の番号なんですって。

誰がどれだけの石を運んできたのかよくわかりますね。ちなみにeightさんが頑張っていたようですよeye

修道院付属教会。ここではロマネクスク様式(11~12世紀)のがっしりした身廊と16世紀に完成したゴシック様式のコントラストが見られます。

C_cimg0705

回廊へ向う途中、一瞬大天使ミカエルが顔を覗かせました。

黄金に輝く像は希望の光に見え、光のある世界はすばらしいってあらためて感じさせてくれます。

C_cimg0716

修道院最上階に建設された僧達の瞑想の空間。

C_cimg0717

初めて目にした緑のある場所です。太陽の光、風、緑とっても大切なものだとあらためて思いますね。

そんな厳粛なムードを壊すようで申し訳ないですが・・

ガイドさんお勧めのSHOTのようです。(ミカエル怒んないかな??)

C_cimg0726

その他、食堂や大車輪、貴賓室、サンマルタン礼拝堂などさまざま場所をわかりやすくガイドしていただけました。

Emiトラベルではマイクイヤホンでお話を聞けるので離れた場所にいてもしっかり説明を聞くことができます。修道院の中で大きな声で話しているほかツアーの方も見かけましたが、やはり厳粛な場所、あまりにつかわしくないですものね。

たっぷりの修道院散策をした後は、ランチタイムです。

やはり冬でオフシーズンのため早い時間から空いているレストランは少なかったので、

ガイドさんがご一緒にして1軒のレストランで食事をとることにしました。

せっかく来たのだからと話のネタにオムレツにチャレンジ。

サラダ、オムレツ、デザート(アップルパイ)のセットで15ユーロです。

C_cimg0756

別でシードルも頂きました。オムレツのお味は噂通りのお味ですヨ(笑)

塩かケチャップがあればなっていう感じで、もう少しフワフワでもいいのでは?

すこし水っぽいっ感じがしましたね。

シードルは日本で売られているよりも濃味です。炭酸は少なめかな?

まっ本場のシードル体験ってことで。

1時過ぎ、この頃には観光客も冬といえど多くなってきています。

日帰り客がドド~っとおしよせてくる時間ですね。

私達ツアー一向はモンサンミッシェルを後にし、パリへ向う途中に港町オンフルールへ立ち寄ります。

こちらの街もとっても可愛いかったです。

相変わらずお店が閉まっているところがほとんどだったので、ショッピングはできませんが。

C_cimg0775

街を散策しているだけでも落ち着けてほっとします。

でも夏に訪れたらもっと素敵に楽しめる街だろうな。

C_cimg0800

パリに到着したのは夜8時頃。

満喫した小旅行の思い出とともに、家路に着いたのでありました。

つづく・・

|

« フランス~モンサンミッシェルの旅4 | トップページ | フランス~モンサンミッシェルの旅6 »

A day」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランス~モンサンミッシェルの旅4 | トップページ | フランス~モンサンミッシェルの旅6 »