« 2007年10月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月 3日 (日)

ラスベガス旅行記

1/22~27で初めての個人旅行でラスベガスへ。
日本から直行便がなくなってかなり面倒な飛行機。成田経由や米国内乗り継ぎは避けようとこれまで拒み続けてきたKEでフライトすることに。

機内では韓国語が飛び交い、英語よりもさらに何をいっているのか皆無。

せめてビジネスで飛んだら少しはストレスもなかったのか!?

<1日目>
夕刻、マッカラン空港到着。驚いたのは日本よりも暖かい。

いざ滞在ホテルVinetian HotelへTAXIにて。

なかなか持っていったConfirm Noではホテル予約が見つからず、Hotel
日本語の話せる人を呼んでくれようとしてた中、あっ見つかりました~とフロントのお姉さま。
まず1回目のプチあせり。
だだっ広いカジノを通りせっせっとスーツケース引きずって歩いているとどこからともなくシャツのボタンを開けたお兄さんが「部屋まで運んであげるよ」とスーツケースを取り上げ、すたこら進んでいく。
部屋はどこ?キーを覗き込み、おいおい大丈夫なのか~と思っていると・・・
たこ焼きが好きなホテルの人(甘いマスクのナイスガイ)でした。ネームプレートくらいつけててよ!ここで2回目のプチあせり終了。

お部屋はリビング・ベッドルームに分かれていてお写真で見たとおり。
いい感じでしたが、ベッドルームが先にあるためかあんまりリビングでは過ごさなかったかも(笑)
あらかじめなるべくエレベーターホールに近いSuiteをリクエストしていたこともあり
眺望もプールとTIが見えたので、まずまずの希望通り。

夕食はパリスホテルのモン・アミ・カビへ。
町並みを楽しむために徒歩でテクテク移動。
しっかし想像したいた以上にホテル~ホテル間が遠い!!

歩けど歩けど周りの景色が変わらない!!
ガイドブックによく徒歩何分と書いて歩けど、あれはきっと外国人男性の距離感じゃない?と友達と実感。

モン・アミ・カビでは予約をしていたのですぐに入ることができましたが、
店内のお席だったのでかなり薄ぐらい感じで天井も低い。

しかもたっくさんの人・人・人!!!
隣が特に団体さんだったせいもあるけど、ちょっと騒がしい感じ。
肝心のお料理は、サラダとステーキをシェアでチョイス。
お味はう~ん、私たちには「★」。サーロインステーキがあんまり得意ではないからかなぁ?
でもパンはあったかくて「★★★★」。帰りにエッフェルタワーにも登り夜景を鑑賞・・

<2日目>
マンダリンのベイサイドカフェにて朝食バフェに。この後の予定もあり急いで食べることに・・
無理してバフェ行かなくてもよかったんじゃないか?とここは失敗。
そして悲劇はこの後に!!
チャーター車を手配していた(クラフトショップのJoAnnとアウトレットに連れて行ってもらう予定)ので、約束の場所で(と思い込んでた)待てど暮らせどドライバーさんは現れず。チャーターらしき車のドライバーさんに聞いてみても違うとのこと。
電話しようと何度も試みるがなぜか公衆電話にコインがはさまり通話不能。
$2もつぎこんだのに結局電話できず(涙)

仕方なく滞在先のホテルに戻り、部屋から予約してもらった先へ電話。

話を聞いてみて、待ち合わせ場所が違ってたということが判明。
わざわざマンダリンへでかける際、場所を確認するためにTAXIで行ったのに、そのおろされた場所が間違ってた!
OH!MY!GOD!運転手さんは時間前にきて探してくれていたらしいのに、怒って帰っちゃったらしい。
(ごっごめんなさい・・本当に・・・)

電話のコチラ側で落ち込んでたら手配者の(山本さん)あるまじきご配慮で目的地まで送って頂きました。

JoAnnにも30分位ならお買物する間待つのでいいですよと言われたけど、

そこまでお願いするわけには行かず(行きたいのは私だけだったし)、あきらめてアウトレットだけ送迎してもらうことに。
もう山本さんが仏様に見えましたよぉ。本来ならお会いすることもなかった方ですから、これもラッキーなことと思ったのはポジティブ??

ほんと、TAXIドライバーは全てを確実にわかってくれている訳ではないので
要注意!人任せにしてはいけましぇん・・ハイ。
その後は買物を粛々とすませ、夜は大好きなチーズケーキファクトリーと一番の目的だったオーを最前列、中央よりで
鑑賞。また今度は違った場所から見たいショーでした。

笑いあり、感動ありでず~っと鳥肌もの!!

<3日目>
やっぱ大自然も味わいたい!Zion

・・・ということで、アンテロープキャニオンへ。

朝4時起き・睡眠2時間にて出発。この日はめまぐるしく天候が変わり、1日にして暖かい日差しと大雪で視界が見えないほどのお天気がぐるぐるしてました。こCanion_2んなお天気もガイドさん曰く珍しいそうです。
  ロウワーは入れずじまいで、今度はぜひ見てみたいと思いました。まぁそのおかげで予定にない(反対方向らしい)ザイオン公園も訪れることができましたが。River

<4日目>
もう早々と最終日です。朝食はホテル内のグランドラックスカフェにて。
ここはチーズケーキファクトリーと同じ系列なので料理が美味しい♪
でも量はやっぱりアメリカンサイズ。全部食べ切れなかったのが悔しい~。
このときだけは大きな胃袋が欲しいと願いました。

今度は夕食に食べてみたいくらいの美味しさでした。

満腹になったところで、DEUCEにのってMGM方面へ。バスを待っていると遠くのほうで煙が立ちこめ消防車がまくしたてて通っていく。

建設中のホテルでも火事なんやろうね~って話てたら、
バスは迂回するは、交通規制ははいるわで大騒ぎ。

火事のホテルの従業員さんたちがわんさかと出てきていて、けっこう大変なことになってました。
空港へ向かうTAXIドライバーに火事はどこのホテルだったの?モンテカルロ?って確認したら、「そうそう!ちょうど僕走ってたんだよ~っ」て言ってました。
ひょえ~。今度来るときは立地を考えて、モンテカルロかMGMに泊まるべきだねって話してたのに。

右の写真はめったに見れない車のないストリップです。Strip

交通規制で北側へ行く車は通れないようになってます。

そしてカジノのスロットで時間をつぶし、最後の最後に見た、ファントム。
シャンデリア近くの中央よりにお席を用意してもらって、
遠くもなく、近くもないいいお席で見ることができました。確かに英語はわかんないけど、それでも最後のシーンでは号泣しそう、いやしました。

そんなこんなでドタバタなラスベガス旅行でした。
やっぱ本土の英語は早くてなかなか聞き取れなくいろいろ思い通りにはいかなかったけど、距離感もなんとなくわかったし、今度こそ、カジノも時間潰しじゃなく、億万長者じゃなくとも百万長者になって帰ってみたい・・・

リベンジを誓うみくでした。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年3月 »